The Arty Boy

そしてまた君を傷つけて俺は残酷に生きてゆく
涙の痕には花束を 笑顔の後にはサヨナラを

恋の終わりに愛を語るから
君はいつだって優しすぎるんだよ

そんな眼 声 吐息に重ねた少女のような淡い最後のキス

そしてまた君を傷つけて俺は残酷に生きてゆく
誰も永遠を望まない 誰も終焉を見たくない

なのに振り解けない君の細い腕がいつの間にこんな力強く
俺の心 身体 締め付けてるんだろう
口は裏腹に「もう行かせてくれないか」

愛の終わりに夢を語るから
俺はいつだって卑怯すぎるThe Arty Boy

弱さも 嘘も 過去も声をあげてぶつけた壁に残した傷は色褪せて

悲しみはいつも喜びの後を追いかけてやってくる
幸せは時に牙を剥き 愛を憎しみで染めてゆく

そしてまた君を傷つけて俺は残酷に生きてゆく
涙の痕には花束を 笑顔の後にはサヨナラを

だから背中で泣く君の熱い声が骨の奥まで届いて軋ませる
許されるのならもう振り向いて抱きしめたい
だけど口は裏腹に「サヨナラ」を
そしてまた君を傷つけて


2009.7.29『The Present』収録


戻る