捨て猫

路地裏の片隅に捨てられた命がある
愛も知らず 夢も持てず 人も信じずに
たった一人生きてきた 地を這い生き延びてきた
身も心も汚してまでも まだ死ねなかったんだ

Uh…道行く人よ 哀れだと蔑んでくれ
Uh…それでもまだ探し求め続けているものがある

Ah…いつかは誰かを愛せるかな 愛してくれるかな
こんな醜い生き様の俺を
もう戻れない過ちの果てに そんなことを思い
今日もまた生きることに耐えている

体を売る少女達
それを買うオヤジ達
自分の子どもを殺す親
その逆もまた然り
何に目を向ければいい どこにも安らぎはない
腐りきったこの国をまだ美しいと呼べるか

Uh…もう疲れたよ どれだけ泣けば涙は枯れる
Uh…何を歌えば また君の心に火を灯してやれる

Ah…お前だよ お前らのせいだよ
愛を求め生まれてくる子ども達に罪はない
全て悪は俺達 大人だろ
ほら 聴いてあげて 助けを呼ぶ 声にならない声を

Ah…いつかは誰かを愛せるかな 愛してくれるかな
こんな醜い生き様の俺を
捨てられても 捨てられないんだよ
悲しいかな ぬくもりがなきゃ 人は生きられない

今日もどこかで誰かが傷ついているんだろう
歌うことしか出来なくてごめん…
ごめんね…


2008.6.1『Nothing impossible~It’s my role,It’s my life~』収録


戻る