colors

茜色の空 履き慣れたスニーカー
空焼きしたマントル 継ぎ足すキャンプフューエル
思えばいつだって 絶えずそこにいて
暖めてくれた 優しさがあった

書きかけの曲も何度となく破り捨てたっけな
その度振り出しに戻る そんな気がしてたけど

君と描いたcolors 奪えはしないから
1つ1つ塗り重ねてく 何色でもないユメの色
汚れたっていいから これが僕らのcolors
思い通りなんていらない つまづく位でちょうどいいだろう

星の降る夜空 くべた薪の中
言葉はなくとも 時間が語ってくれる

その眼に映る朱色は朱く見えるだけ
本物の朱は誰にも分からない 描けない

誰にも言えないなら 言わなくてもいいから
熱い想いは胸の奥に燃やし続けて持っていろ
笑われてもいいから これが僕らのcolors
他人の言いなりなんてならない 背く位でちょうどいいだろう

色褪せたとしても 消えたりしないから
1つ1つ塗り重ねてく 何色でもない君の色
間違ったっていいから これが僕らのcolors
思い通りなんていらない つまづく位でちょうどいいだろう


2019.6.8『colors / ロキソニン』収録


戻る